和装着物のいろは(基礎編)

楽しいひと時を過ごしてます。

着物買取で着こなす和服の立ち居振る舞いとマナーについて

ちょっとしたお出かけの時にさらりと着物を着こなすことができたら素敵です。着物には洋服とは違った上品な華やかさがあるので、大人の女性を美しく見せてくれます。着物買取ならば、気軽に着物を手に入れることができるので、美しい着物姿を楽しむことができます。

そこで、せっかく着物買取で手に入れた着物を着こなすときには、着物ならではの立ち居振る舞いやマナーをしっかりと習得すれば、見た目だけでなく中身もおしとやかな日本女性を演出することができます。着物姿の時には、洋服とは異なり気をつけなければならない動作があります。

まず、着物は洋服のように筒状になっている服に袖を通して着るのではなく、帯で体に巻きつけることによって固定して着付けます。ですから、この帯の部分が緩まないように気をつける必要があります。例えば着物の裾を踏んでしまうと、引っ張られた分の布地が帯で固定された部分から伸びてきてしまいます。

ですから、着物を着たときには裾を踏まないように、足元に気をつけて歩きます。小さな歩幅で上品に歩くと見た目も綺麗です。また、階段を上り下りする際には、裾を踏みやすいので、上前を右手で少し持ち上げて歩くようにします。また、振袖を着ているときには、長い袖を踏んでしまうことを避けるために、左手で両袖の裾の方を合わせて持っておきます。

また、椅子に腰かけるときにも裾への注意は必要です。座った時に裾を踏んでしまわないように、椅子に腰を掛ける前に左手でひざ裏の辺りを固定しながら座ります。次に着物の立ち居振る舞いでじゅうようになってくるのが袖の扱い方です。着物の袖は洋服の袖とは異なり腕にぴったりと沿った形にはなっていません。自重で下に垂れることによって腕を覆っているので、腕を持ち上げたときには自然と肌がむき出しになってしまいます。

しかし、せっかく体を包んで美しく見せている着物の着こなしには、こうした肌が見えてしまう所作は似合いません。そこで、腕を動かして物をとるときには、袖が下がってしまわないように、反対の手で袖口を押さえて肌が見えないようにします。着物特有のこうした所作に気をつければ、着物買取で手に入れた着物を存分に楽しむことができます。

また、着物買取では様々な種類の着物を取りそろえているので、振袖や訪問着など様々なシーンで着用することのできる着物を楽しめます。着物での立ち居振る舞いを覚えれば、着物買取で和服のおしゃれを始めることができます。

What's New

2015/10/14
着物買取 雨の日のためのかえ足袋、足袋カバー、草履カバー、扇子、雨コートを更新しました

2015/10/14
着物買取で着こなす和服の立ち居振る舞いとマナーについてを更新しました

2014/10/08
和装着物とは(基礎編)を更新しました

2014/10/08
和装着物とは(基礎編)を更新しました

2014/10/08
和装着物とは(基礎編)を更新しました

2014/03/19
浴衣とはを更新しました

2014/03/19
紬(織のきもの)とはを更新しました

2014/03/19
紬(織のきもの)とはを更新しました

2014/03/19
喪服とはを更新しました

2014/03/19
小紋とはを更新しました

Copyright©2013 和装着物のいろは2 All Rights Reserved.