和装着物のいろは(基礎編)

楽しいひと時を過ごしてます。

喪服とは

喪服とは、本来喪に服している人が着る服のことで、古代奈良時代には、近親者は「素服」という白い質素な服を着ていました。日本の喪服はかつては白で、死装束と同じ色であり、遺族は死者と同じ状態でお葬式を出していました。 明治30年代に当時の皇室の葬儀の際に欧化政策の影響で欧米の喪の色である黒が採用されて、それから大正以降に一般に黒が喪の色として定着しました。逆に、赤などの派手な色はふさわしくないとされています。 

戦前の弔問者は正装する人が多く、喪服は着ていませんでした。弔問者までが、喪服を着用するするようになったのは、1960年以降のことになります。 着物をマスターしたいなら、基礎編として覚えておきたいのが喪服の着こなしです。黒喪服が現代の和服での喪の礼装となります。五つ紋を付けた着物に黒の帯を合わせます。関東では羽二重、関西では一越ちりめんでつくります。夏は平絽か紗になります。藍を染めた上から黒に染めると関東風、紅を染めた上から黒に染めると関西風になります。 黒喪服はさきほど述べたように、明治時代以降の欧米にならったものであり、以前は白の下着をかさねていたのですが、不幸が重なる、という迷信から省略されるようになり、現在では同じ理由で帯についても、袋帯をさけ、名古屋帯が締められるようになりました。草履とバッグ、小物は黒で統一します。 

男性の場合、羽二重などの黒無地染め抜き五つ紋付き着物と羽織、仙台平の袴、角帯を着用します。  法事や通夜のときに着るのが、喪の略礼装である色喪服です。色合いは、グレーや青系、濃い紫、渋い抹茶などの地味な色目のものを選びます。一つ紋が入っていてなるべく地織りの小さいものがよいでしょう。弔辞に向く地紋には、雲取り、沙綾型、波文などがあります。地味な色目でも、吉祥文様などは避けるようにします。 

弔事に色無地を着用する場合、帯は喪服用の黒の帯か、法事用に作られたダークカラーの帯を合わせます。草履、バッグや小物は黒またはグレーなどの地味な色目のものを合わせます。 故人が亡くなって何年目から色喪服を着用するかは、地方のしきたりによってことなります。 喪服を着て、電車などの公共の乗り物を利用する場合、着物の上に黒の道行コートを着ます。略礼装の場合、グレーなどの地味な色目の道行きコートか既婚者の場合一つ文の付いた黒の羽織を着ます。 着物の喪服はなんといっても格調高く、葬儀という大切な場で、故人への誠意が表れる身だしなみです。ぜひしっかり覚えて着こなしたいですね。

Copyright©2013 和装着物のいろは2 All Rights Reserved.