和装着物のいろは(基礎編)

楽しいひと時を過ごしてます。

小紋とは

小紋の着物はかなり出番多い着物です。小紋とは全体に模様が入っているのが特徴です。着物の基礎編では、訪問着や付け下げなどは肩の方が上にして柄が付け下げられているのが特徴ですが、小紋の場合は上下の方向に関係なく模様が入っている状態でその技法としては、江戸小紋、京小紋、加賀小紋などがあります。小紋のおしゃれの中での特徴は、カジュアルタイプから華やかなドレスアップまで様々にコーディネートできることなどです。

お稽古事や街角に行くにはちょうど良く、手軽に楽しめるところが魅力のようです。無地に近い小紋の江戸小紋は、極めて細かい模様を型抜きした物です。柄が非常に細かいため遠くから見たら無地の様に見えるのが特徴です。紅型や総絞り更紗模様などのオシャレな小紋も粋な着こなしができます。柄の感じでは、飛び柄や総柄のものを上手にコーディネートしていくと良いのでボリューム感のある柄や細かくてシンプルな柄まで、様々ある中からTPOにあわせて選んでいくようにすると良いそうです。私は今年に入ってから、着物を購入しましたが、一点は色無地で後は全部小紋を購入しました。小紋の方が使い勝手もよくこれから重宝しそうでしたので、早速袷の着物と単衣の着物を揃えました。

アンティークのモダン柄な着物を購入し帯も一緒に揃えました。実際に着た感じでは、モノトーンの色合いでかなり幅広い場面で活用できそうな落ち着いたイメージの小紋です。これからは、お稽古の時や街中でのちょっとしたお出かけ時にも、着ていけそうです。もう一つの小紋の着物はピンク色に白抜きのーフキの模様が描かれているものです。これは、単衣の着物で帯とセットで購入しました。まだ着物のコーディネートは初心者なのでセットで買って小物使いで楽しんでみたいと思っています。最近、音楽会の時に着て行った着物は、大島紬の総柄の着物と母や祖母から頂いた、小物や帯などです。

この着物に合わせて帯留めも自分で手作りしました。作り方は、祖母の着物の端切れを使って芯に極太の毛糸を8本ほど入れてくけていきました。かなり品良くできた品です。着付ける際の基本編としては、下着や襦袢を着たらキッチリとぐすぐすしないように留めておき、着物の合わせを調えた時点で動かないように身体に添わせた状態で、しっかり腰紐などで留めておくことです。そして、衿抜きの感じを鏡で決めたらクリップなどで動かないように、押さえておくと綺麗に着ることができます。

Copyright©2013 和装着物のいろは2 All Rights Reserved.