和装着物のいろは(基礎編)

楽しいひと時を過ごしてます。

浴衣とは

皆さんも一度は袖を通したことがある「浴衣」。浴衣とは、実はしっかりとした和服の一種なのです。通常の和服とは違い、中に肌着(長襦袢)を着用せず直接素肌の上に着ます。(もちろん、下着は着用します)通常は木綿地の反物で、和服の中でも最も単純で基本的な構造となり、和服をこれから始めるに当たり、「基礎編」と言っても過言ではないほど、とても馴染みやすいものです。

そのため、学校の家庭科の授業で浴衣を縫ったことがある方もいるかと思われます。また、浴衣は着付けれるけども、和服は着付けれない。というお母さんも、少なからず居るかと思います。かといって、恥ずかしがることはないです。近年は、浴衣を着付けられない方が多く、街の中の美容室ではウエディングドレスの着付け/ヘアセットの他に、浴衣・和服の着付け/ヘアセットも当たり前かのように料金メニューに書かれていることが多いです。浴衣は和服の基礎なのですから、胸を張ってその技術を末裔に反映してゆくべきです。浴衣の生地自体はとても薄く、開放的で風通しが良いです。

夏場の花火大会やお祭りなどの外出や、旅館・温泉等での湯上り時などに着用されることが多いです。一概に浴衣と言っても、様々な着付け方・デザインがあります。裾丈を調整できることから、近年は短く着用する若者もいるようです。また、デザインも多種多様に広がってきています。ドレスのようになっているもの・キャラクター柄の浴衣なんかも目にした事があるかと思います。また、帯が既に作られているもの(作り帯※ワイヤーが入っていて、既にデザインが完成されている帯の事です。マジックテープ等で止めることが多くあります。なんかもあります。

浴衣自体が多種多様に広がっているように、髪飾りや巾着・籠バック等もかなりの種類が増えてきました。インターネットで検索してみると、浴衣専門店なんかもちらほら見受けられるようになってきています。現代の日本の生活で多く着用されるのは、主に花火大会や縁日・盆踊りなどの行事となっていますが、最近ではレストランや遊園地・テーマパーク、スポーツの試合などでも、夏に浴衣を着用し入場すると特典がある施設が増えている為、特典目的での浴衣着用者が増えているようです。スーパーや衣料品売り場でも、夏の時期になると浴衣・帯・下駄がセットで安く売られていることが多く見受けられるようになりました。まずは和服の基本である、浴衣から是非挑戦してみてはいかがでしょうか、また新たな世界が広がると思います。

Copyright©2013 和装着物のいろは2 All Rights Reserved.