和装着物のいろは(基礎編)

楽しいひと時を過ごしてます。

紬(織のきもの)とは

紬を着こなしてこそ、着物好き、といわれます。紬は日本各地で織られていて、その柄や色合いのバラエティは実に豊かなものがあります。北国の紬には、地味であっても素朴な暖かさが、南国の紬には、おおらかで大胆な息遣いが感じられます。そんな日本各地の紬(織のきもの)とは、どんな魅力を持った着物なのでしょうか。着物マスターへの基礎編の学びとして、紬について紹介していきます。 

大島紬は、奄美大島産で、泥を何度もくぐらせる泥大島・藍大島・白大島は高級紬の代表格です。しなやかな質感で、年数が経ち、洗い張りを重ねるほどその色艶を増すといいます。 久米島紬は、沖縄県久米島産で、泥染め・ゆうな染めなど島の自然から生まれた色と、鳥・流木など南国らしい絣文様が特徴。2004年に、国の重要文化財に指定されました。 郡上紬は岐阜県郡上市産で、平家の落人が野蚕繭を紡いだのが始まりともいわれています。草木染めの落ち着いた色合いと、素朴な温かみのある縞や格子が特徴です。 

黄八丈は伊豆大島の八丈島産で、黄八丈のほかに鷺八丈・黒八丈があり、はっきりとした縞や格子が明治の下町の女性に人気がありました。 結城紬は、茨城県結城市産で、真綿から紡いだ紬糸を使うため、軽くて暖かな質感です。手紬・地機の伝統的な手法によるこの地方の紬は国の重要文化財に指定されています。 塩沢紬は新潟県塩沢地方の紬で、細かな絣文様を得意とし、結城・大島と並んで三大絣とされています。優しい風合いの明るい色目のものが、女物に多く用いられます。 米沢紬は、古くから織物のさかんな山形県米沢産で、米沢は長井紬や白鷹お召しも有名です。 

小千谷紬は新潟県小千谷産で、ふんわりした真綿の風合いに独特の優しい肌触りが特徴です。小千谷は夏用の麻織物である縮も有名で、高い技術を持つ産地です。 次に、紬の文様について紹介していきます。 織のきものの文様は、絣(かすり)・縞(しま)・格子(こうし)が代表的です。現在では、白生地に後から色柄を染める後染めも多く比較的安価なものも出てきました。  縞は絣にくらべ単純な文様が多く、生地の持つ雰囲気がカジュアルなので、普段着の紬として気軽に着られます。よろけ縞・滝縞・鰹縞・雨縞・絣縞・万筋・千筋などです。 格子柄には、みじん格子・網代格子・小格子などがあります。 絣は、十字絣・亀甲絣・流水絣・鳥絣・風車絣・矢羽絣などがあります。 先人の精緻な技とそれぞれの土地の息吹きが感じられ、なおかつ格式張らないお出かけ着、紬をもっと着て楽しみたいですね。

Copyright©2013 和装着物のいろは2 All Rights Reserved.